4月5日まで!WordPress開設が最大36%OFF!

【日記】台風の日の夜のこと

3 min

こんにちは、shotaです。

題名の通り、今日は日記です。我が家にとってはとても由々しき事態が起こったため、これを書き記そうと思います。

それは昨晩のことでした。。。

。。。

【日記】台風の日の夜のこと

昨晩は台風ってことで全然眠れませんでしたね。僕昨日は風邪ひいちゃってて(口呼吸のせいで)、9時半くらいには寝てたんですけど、外がうるさすぎて3時くらいに起きちゃったんですよね〜。そんで、枕元に控えとしておいていた四番のエースドリンク、THE・Waterが残り少なくなってたので、キッチンへと向かいました。そしたらそこに、ゴツくて長い足を昔の映画のエイリアンの登場シーンがごとく、そろりそろりとシンクの方へ向かう奴の姿がありました。突然の登場でしたが眠かったので叫びはしなかったものの、とりあえず下の階で寝てる母を起こしてから(母ちゃんごめん)、ふたたび、巨大グモの討伐へと家の最奥地に向かいました。

僕が見た時はまだそろりそろりとシンクの方に歩いて行ってるところだったので、母を呼びに行ってる間にシンクに落ちたのか、ものすごいスピードで他の場所へ移ったのか、いなくなっていた奴の姿はすぐには見つかりませんでした。しばらくキッチンのいろんな部分を目視で、右よし左よし、と確認し、残すシンクをのぞいたところ、奴はいました。見た瞬間に叫ぶ二人と寝ている父。父は音に敏感なはずなのになぜか起きてきません。うちの家で一番強いのはなんだかんだ母なんです。

シンクの中に見つけた奴を討伐すべく、事前に用意していた殺虫スプレーを、シンクの中にいる奴に向け、これでもかと噴射する母、それを見守る息子。暴れまわるクモ。畳み掛けるように食器用洗剤をぶちまけ、しぶとく逃げ回る奴に強烈な一撃を与える母、それを見守る息子。散々暴れまわり、散々洗剤をぶちまけられた奴の動きが鈍ってきたところで、最後の一撃と言わんばかりに洗剤をかけまくる母、それを見守る息子。

勝敗は決しました。圧倒的優位な状況を見事ものにし、無事、母の勝利でした。倒したあと、あまりの嬉しさとキモさで、「うわー!うわ!うわキモ!あー!よかったね!」を二人で繰り返しまくってました。結果的に倒しましたが、僕はクモが苦手なので、倒したのは母です。

あ、そうそう母が戦っている中、僕は何をしていたかというと。母の手を握ってました。握っていたというより、握られるように手をスタンバイしてました。あ、あとシンクから出てきた時のために、叩く用の新聞紙を丸めたり、ってかそれしかしてないです。まぁ大事な作業だと思ってます。倒したあとに、「あんたが虫嫌いで、あんまりにも叫ぶからある程度虫に強くなっちゃったよ」って言ってました。やはり、我が家で一番強いのは母でした。

その後母は、すでに動かなくなり、返事がないただのしかばねとなった奴に、水を使って排水溝まで追いやって、約10分くらい「気持ち悪!」って格闘したのちに、ゴミ袋に葬りました。時間としては合計で30分くらいの試合でした。僕はずっと俯瞰してみてたので(当事者なのに)、あまり汗は書いていなかったのですが、母は汗の量がものすごかったです。ほんとすまんな母ちゃん。

事態が収まったあと少し反省会を行なって、プロ野球球団のオーナーと契約選手が行うような熱い握手をして、その場を後にしました。部屋に戻る直前に父の寝室から、「どうした〜、なんかあったのか〜」と声がしました。僕は「うん」とだけ答え、部屋に帰りました。そんな台風の日の夜でした。

おわりに

台風ってことで、個人的に少しテンションが上がってました。その理由は
【別記事】天気が悪い日に外出したくない話
に書いてますのでよろしければご覧ください。

本当に風が強すぎて家めっちゃ揺れてました。僕が寝てる場所が2階の、しかもロフトベッドだったので、床に敷いた布団で寝るとかベッドで寝るとかよりも圧倒的に揺れてました。すげー怖かった(涙)。朝方にはもう通り過ぎたみたいで起きる頃には静かになってましたね。

いやぁしかし、電車の運休とかで通勤、通学の人は大変だったと思います。マジで。なんかどっかの駅では、そもそも駅構内が入場規制されちゃってて、それに並ぶ長蛇の列をツイッターでみました。そこまでして会社に行かなきゃいけない理由ってなんなんでしょうね。体が大事なのか、業務が大事なのか、もうある意味お前は黙って働いてればいいんだ、働け社畜どもって、日本から言われてるみたいで、こういう時いつも悲しくなってました。自分で選ぶ側の人間になれたらなぁ〜って思います。

最近ちょこちょこ話題に出してた手術により封印されし鼻は、明日に解放されるので真面目に記事書きます。そんな感じです。

それでは〜。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です