4月5日まで!WordPress開設が最大36%OFF!

「早めに家を出る」が失敗する話

4 min

こんにちは、shotaです。
他人が遅刻するとめちゃめちゃ怒るのに、自分が遅れた時はひたすら平謝りする、
というなんともしょうもない僕です。

前日とか、朝起きた時には「よっし!早く起きたから早めに準備しよ〜」
って意気揚々と布団から出るのですが、
「その前にちょっとツイッター見よう」とか
「せっかく休日に早く起きれたんだしちょっとゆっくりするか〜」

などの「心に余裕がある」せいで、結局いつも通りの時間で準備することになったり

いつもよりギリギリの時間に支度して、遅刻して友達に平謝りする。
っていう負のルーティーンに落ちてしまうことが
よくあると思います。(あるってことでいきます)

そんな負のルーティーンから脱すべく、失敗しないように
色々手を打っておこうじゃないか。という趣旨のもとお話ししていきます。
実行するのはあなた自身なのでそこを踏まえた上で、よろしくお願いします。

あと今回の話は予定に間に合うようにする。のを目的とします。では。

「早めに家を出る」が失敗する話

実はさっそく今日、それが起きました。

今日は11時から病院で診察の予定があったので予約時間に間に合うよう、
間に合う時間より早めの8時半にアラームをセットして寝ました。

そして起きたのがアラームより1時間早い7時半でした。
家の血を恨みました。家族はみんな基本的に早起きなんです。

これでさっそく、予定が狂ってしまいました。
時間的に、2度寝して1時間後に起きる〜っていうのが成功するとも限らないので
早く起きた分、ちょっとゆっくりしよーっと。という思考になりました。

1時間アニメ見たり作業したり、色々してました。
時間が迫ってきた頃にちょーっとだけ作業が乗ってきてしまったで
「何十分後くらいにやめよう」っとなんとく時間を決めて動いてた。
はずなんですけど、、、

気づけば30分もオーバー。

めっちゃやばい。
でもなぜかこの時にはまだ焦ってない。焦って欲しい。マジで。

とりあえずいつも準備してる内容をめっちゃ早くやって、
その中で省けるのがあったら省いてってやりくりしていって
予定よりは遅かったんですけど、間に合う時間には家を出れました。

今日のことを振り返って対策を考えてみる

まぁお分かりかもしれませんが、
「ちょっとゆっくりしよー」が悪いんですよね。
ここ以外に何かあれば意見は聞きます。聞くだけ。

何かの予定の前に自由な時間を作る。と人は失敗しやすいです。
僕たちは誘惑に弱い生き物なので、ある程度の自制心が必要になってきます。

この時の何かの予定ってのは、「準備を始める」ってところです。

じゃあどうすれば良かったんだろうと考えた時に、
「先に準備をしてしまう」ことが一番の近道になります。
だから準備した後に自由な時間を作れば良い。

ではないんですよね。そうなった場合に来る次の予定ってのが
「家を出る」です。この時間の合間に自由な時間を作ると、まぁ遅れますね。
時間通りに家を出るという桃源郷への道は閉ざされることでしょう。
慈悲ってないんですね。

予定の前に自由な時間を作らない

正確にいうと、「まとまった自由な時間が取れないなら作らない」です。
今回の話では、起きた後の時間を指します。

まとまった自由な時間ってとんな時間なの?って疑問があるかと思いますが、
僕が定義してる自由な時間は「寝るまで好きなことが出来る時間」です。

つまり寝る前の時間ですね。
あいだに予定がある場合、自由な時間だと思わない方が良いです。(極端ですけど)

ものすごく自制心があって、スケジュール通りに動けるぜっ!
って方には想像もつかない次元の話をしてると思います。

なので自由な時間は寝る前の時間なんだよ〜ってことです。

抽象的な時間の設定は身を滅ぼす

言い過ぎました。後悔するくらいのイメージで。
ここでいう抽象的な時間は「ちょっとゆっくりしよー」と
何十分後くらいにやめよう」になります。

抽象的っていうと美大生にとっては得意技かもしれませんね。
時間で動く時に抽象的で曖昧な表現を自分にするとほんとにうまく行かないです。

だから時間空いたなぁ〜って時はもう
アラームつけてこの時間までやる!ってしましょう。
アラームはスマホでもなんでも良いです。

この時間にやめようがうまく行かない人は、

これを思ったタイミングが「やめ時」ってことです。

これを思ったタイミングが「やめ時」ってことです。

これを思ったタイミングが「やめ時」ってことです。

強めに3コンボしました。トリコの釘パンチには届きませんでした。

準備する時は常に時間を確認する

あとは「準備してる時間」での対処方法ですかね。

僕はいつも出かける前に「シャワーを浴びて」「髪をセット」するんですけど
この 朝の2大習慣 時に時間を確認しながら動くのと、動かないので
結構大きな差が出ることを発見しています。トップニュースです。

僕の場合は時間を見ながら行動することで、
ケツの時間との感覚を意識しながら行動できるのかなーって思います。
模写する時ってモチーフをひたすら見ますよね。あれをやります。

そこまでしなくてもまぁ1分が経過する感覚を
チラチラ時計を見て確認しながら準備すると良いです。

常にって、そんなの無理だよドラえも〜んって方は
スマホで画面一面を時計に出来るアプリを使うと良いです。
置き時計、で検索すれば多分ヒットすると思います。
それが無理なら、準備用に時計買ってください。

あとついで僕の分も。

家を出るのを最優先事項にする

気合いが入りすぎて長くなってしまいましたがこれで最後です。

予定に間に合わないってことが起こらないように、
起きたらすぐ準備してすぐ家を出ましょう。
家を出る前に時間があるから作業する、なんてもってのほかです。

仕事してたら時間がないのはめっちゃわかります。クソしんどい。
でも相手も同じような場合、自分だけ特別扱いするのは違うかもしれません。
それでも自分の作業に価値を感じる場合は事前に相手に、
遅れる旨を伝えてあげましょう。

もしどうしても作業しないとやばい!って時は
外に出て作業が出来る環境を整えておきましょう。

この場合、事前に準備が必要なことになりますので
それが無理な場合はドタキャンしてください。

まとめ

今回はライフハック的な内容でお話ししました。
ということで大事な部分をもう一度おさらいすると

1. 予定の前に自由な時間を作らない
2. 抽象的な時間の設定はしない
3. 準備する時間は常に時間を確認する
4. 家を出るのを最優先事項にする

のあたりですね。

この話題についてはもっと考える余地があるので、
また気分が向いたら記事したいなぁ。

僕自身今日やっちまってるので反省して明日に生かそうと思います。
あと予定に遅刻してきて怒るような相手とは遊ばない方が良いですね。
おっとこれは余計なことを

では。

shota

shota

客先常駐エンジニア(SES)から、フリーランスのWEBライターへ。
現在27歳、在宅でライターの仕事をしつつ、25歳の頃に辛かった経験などを元に「25歳の悩める人」へ向けて、情報を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です